婚活ブログ

婚活成幸論

婚活は、「とりあえずやってみるか」でうまくいく

婚活は、「とりあえずやってみるか」でうまくいく

こんにちは!
大阪の梅田で結婚相談所をしている
谷 富雄です。
私(谷)の周りで婚活をしている人たちを見ていると、
出会いがない、と言っている割には、
あまり行動(出会いの場に行くなど)をしていないケースが多々あります。
なぜなのか聞いてみると、
「カップリングパーティーに申し込もうと思って、
 ネットで調べていて、色々あって、こっちの方が安いからこっちにしよう
 いや、安過ぎるのは不安だ、とかやっていると疲れてくる。
 もう今日はいいや、また今度にしよう」
そう言って先送りしてしまう、とのこと。
気持ちは分かるのですが、例えばカップリングパーティーでしたら
行ってみないことには良い出会いがあるかないかも分かりません。
とりあえず、先送りせず、
その場で申し込みボタンをクリック
することが必要です。
そうして参加すると、
このパーティーはこうだった

良い出会いはなかったが、内容は良かったのでまた参加してみよう
or
良い出会いもなかったし、
お金が高い割にスタッフの対応も良くなかったから別のパーティーに
行ってみよう
などの判断基準ができるのです。
同じように、時間と労力のある限り
友達から誘われたもの(合コン、イベントなど)は断らず
「とりあえずやってみる」

それから考える
ことが重要でしょう。
そうしながら、同時並行で
ファッションや髪型やメイクやコミュニケーション能力を
磨いていけば、成功確率は上がっていきます。
人間ゴール(例えばパーティーの参加)がなければ
何もやりませんので、まず参加を決めてしまってから
準備をする(同じ行くなら、と自動的にやります)
ことが必要でしょう。
私は数年前、よくフルマラソンに出ていましたが
エントリーする前と後では、練習量が目に見えて違っていました。
私の周りで婚活に成功している人は、
この、
「とりあえずやってみる」
量が大量だった人です。
「合コンに行ってます、パーティーに行っています
 いい人いません」
という方に頻度を聞いてみると
月に一回や二ヶ月に一回だったりします。
量の話はまた別の機会に譲るとして、
とりあえずやってみる(エントリーする)
ことは、人の行動スイッチをオンにするのかもしれませんね。
婚活相談、ブログの感想、ご質問は、
下記からお気軽にどうぞ!
お問い合わせフォーム
tani@emi-as.com

あなたにおすすめの婚活ブログ

子どもと公園に行って人生一寸先は闇だと思った話
子どもと公園に行って人生一寸先は闇だと思った話
YouTubeで手越さんとヒカルさんのやり取りを見て感じたこと
YouTubeで手越さんとヒカルさんのやり取りを見て感じたこと
歯医者さんと婚活成功の共通点
歯医者さんと婚活成功の共通点
婚活成功の鍵は脳内メモリを空けることから
婚活成功の鍵は脳内メモリを空けることから
第295回 掃除ボランティア
第295回 掃除ボランティア

ブログカテゴリー

space
space
トップページへ