こんにちは!
大阪で結婚相談所をしている
エミアスの谷です。

婚活でも必須アイテムになっているLINE(含めメール)ですが

文字でのコミュニケーションには細心の注意が必要というお話です。

 

長年の付き合いがあり、気心が知れた相手と交際に発展した場合と違って

結婚相談所ではお見合いの次にお会いする時は「交際」になっています。

交際というと重く感じるかも知れませんが、二人の間では2回目の出会いなので恋愛感情がある場合はほぼなく

お友達から始めましょう、という感覚です。

 

ですので、お会いしていく中で仲を深めていくわけですが

会えない時のコミュニケーションツールとしてLINEやメールがあります。

特に男性に多いのですが、連絡や予定を決めるツールとして使ってもコミュニケーションのツールとして活用するのが苦手、もしくは嫌い

という方がおられます。その為、自分からは連絡を取らなかったり、ひどい時には返信さえしない方もいます。

やはり寄り添う姿勢というものが距離を縮めるには有効だと思うのですが、それでも嫌なものは嫌だというならその旨(自身のスタンス)を相手に伝えておくべきでしょう。そうしないと、コミュニケーション取れない人と見做され交際終了に繋がります。

 

あと、対面での会話だと表情や声のトーンなどで反応が分りますし、意図と違う伝わり方をしているであればその場で訂正できますが、LINEなどではそうはいきません。その背景(こういう理由でこう書いています)まで含めて伝えないと間違って解釈される危険があります。実際に特に女性のお客様から多いですがスクショなどを送って来られ「これってどう思います?」と聞かれることもあります。

 

これを防ぐには、第三者になったつもりで読んで意味が通じるな、と思ってから送信するくらいの慎重さがあってよいでしょう。

高いお金と、時間と労力を投入し婚活してるのは何の為なのか、ベストを尽くした上でご縁がなかった場合はまた新たな出会いを求めていくしかないわけですが、「凡ミス」で交際終了を繰り返すと本人はもちろんお相手の為にもなりません。

 

せっかく結婚相談所に登録したのですから全員成婚(結婚)して欲しいと思っています。

こうした細部の積み重ね、ボクシングに例えるとジャブのようなものかも知れませんが、それがお会いした時にストレートやアッパーのようなダウン(仲を深める、真剣交際、プロポーズ)に繋がるパンチがヒットすることになるのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神は細部に宿る

アビ・ヴァールブック  (美術史家)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<結婚相談所への入会説明(面談)

 ブログへのご意見・ご感想お待ちしています>

ぜひ、こちらまで。↓↓↓↓

無料相談のご予約はこちら

 

谷 富雄の『婚活成幸論』がメールで届きます。
メルマガだけのお得な情報もあります。
下記のフォームにメールアドレスを入力して、登録ボタンを押してください。

メールアドレス


<トップページに戻る↓↓↓↓>
http://emi-as.co