こんにちは!
東京・大阪で結婚相談所をしている
エミアスの谷です。

今日、ネットニュースになっていた記事を読んで

婚活もそう!同じ!

と思い役に立つ考えだったのでシェアしたいと思います。

 

記事は、「週刊新潮」2019年8月1日号 掲載で、島田紳助さんが吉本興業の騒動について語るものです。

 

「話は少し逸れるけど」とした中で、

そろそろテレビに出たいのでは?、と言われるけどそんなこと思わない、

その理由として、

不安に押し潰されそうになりながら、とことんまで自分を追い詰めるのでノイローゼになりそうになる

とのこと。

それに続けて、このように語っていました。

 

(ここから転載)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、野球選手も似たところがあると思うわ。日ごろから、もう打てへんのちゃうか、打てへんのちゃうかって不安と戦いながら試合に出続けるわけや。打っても90メートルやったら外野フライ。でも100メートルやったらホームラン。この、たった10メートルの距離に、ものすごい執着と競争があるわけや。

 吉本に入る芸人のほとんどが40メートルしか飛ばせへんわけやけど、90メートルやったら飛ばせる子は、何人もいてる。そっから、100メートルに行くのが大変なんや。逆に、いまホームランを打てていても、いつ外野フライばかりになるか。その恐怖に打ち克たないとあかん。

 うちらは机に座って8時間仕事することができないから、芸人になった。芸人の才能の差なんてほんのちょっとや。90メートルと100メートル、たった10メートルの距離やけど、それがとてつもなく大きい。外野フライとホームラン、評価はぜんぜん違うやろ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(転載ここまで)

 

成婚(結婚)をホームラン、だとすると、

婚活している方はホームランを打つ為に打席に立ちバットを振っている(申し込み・お見合い・交際)

と言えるでしょう。

 

結果は、外野フライでアウト(結婚できない)か、ホームラン(結婚)の2つに1つしかありません。

 

どれだけ頑張っても後10メートル先がホームランなのにアウトになることもあるわけです。

 

アウトになってはまた打席に立ち、ボールを打ち、空振りや凡打やヒットを繰り返しながらホームランを目指すのが婚活です。

 

記事では、ホームランを打つ(売れる)のも難しいが、打ち続ける(売れ続ける)のも難しい、という風におっしゃっていますが

こと婚活に関しては1本ホームランを打てば「サヨナラホームラン」になりますのでそこは救いです(笑)

(次は結婚生活という別の試合が始まるのですがそれはまた別の話)

 

そして、私(谷)が確かなのは、

打席に立ちバットを振り続けている人は必ずホームランを打っています(結婚できています)

 

なのに、やれ「打てるかどうか分からない」とか「打ちたい球が来ない」とか「ホームラン打つやる気が起きない」

とか言っている人は打てるわけないですよね、という話です(汗)

 

バッティングフォームは私(谷)が教えますので

ぜひ諦めずバットを振り続けてください。

必ずやいつかホームランが打てることでしょう。

5人に4人がホームランを打てています。

 

<結婚相談所への入会説明(面談)

 ブログへのご意見・ご感想お待ちしています>

ぜひ、こちらまで。↓↓↓↓

無料相談のご予約はこちら

 

谷 富雄の『婚活成幸論』がメールで届きます。
メルマガだけのお得な情報もあります。
下記のフォームにメールアドレスを入力して、登録ボタンを押してください。

メールアドレス


<トップページに戻る↓↓↓↓>
http://emi-as.co